企業の発展と個人のキャリアアップを支援する 株式会社エスペランス

Column

コラム

人間関係を壊さないで転職を成功させるために必要なこと

退職理由では将来のビジョンを明確に伝える

転職をする際は誰もが円満退社を強く希望します。
今働いている会社を退職する際は、退職手続きをとらなければならないのでスムーズに進めておきたいところです。
退職する意思が固まったら上司に報告する前に、退職理由をもう一度しっかり確認しておきましょう。

一時的な感情で決意していないか、退職する前に自分ができることなどをまとめておきます。
職場の労働条件や人間関係に不満があって退職を希望する場合は、正直な理由をそのまま伝えることはおすすめしません。
会社に残る人の気持ちを考え、退職後何をしたいのかという点を明確に伝えるようにしましょう。
今後の目標や将来設計に焦点を当てた退職理由を伝えた方が、会社側としては納得しやすくなります。

会社の就業規則によっていつまで申し込まなければいけないという決まりがあるので、必ず就業規則通りに申請することも大切です。


退職届は退職交渉を終えてから提出する

退職届は上司に退職を切り出す際に差し出す人が多いのですが、円満退社を希望する場合は、最初に自分の意思を伝え会社側から承諾を得た後に提出する方がスムーズです。
まだ会社側が納得していないのに先に退職届を提出してしまうと、無礼だと思う上司もいます。
退職届は受け取った時点で受理したことを意味するので、受取手も突然渡されたら困惑してしまうでしょう。

円満退職を目指すのであれば、お互いがきちんと納得してから退職届を提出するようにしてください。
しかし、上司が退職交渉の際に指示してくれず一方通行になってしまった場合は、状況によっては退職届を提出するしかないでしょう。

退職が受理されたら、IT管理職やエンジニアなど職種に関係なく、退職日まで誠意を持って引き継ぎを行うことは基本です。
お世話になった方への挨拶は、きちんと対面でお礼の言葉を伝えます。
時間的制約で直接挨拶できない場合は、メールを送るなどして失礼のない振る舞いを心掛けてください。